無料でコツコツお小遣い稼ぎ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もはや話がずれている

昨日の続き

サイト(ホームページ)は基本、コンテンツがなければ成り立たないが、ブログは日常の出来事自体をコンテンツとして成り立たせることが可能。

サイトにとっての日記コンテンツってのはあくまでもおまけ的なものでさ、
個人日記しかないサイトなんてさ、身内以外誰も読まなかったわけよ。
メインサイト+日記っていうのはまたちょっと違うけどね。そのサイトのファンの人が読んでくれるから。

だけど、どこの誰かもわからん●●さんが今日一日何してたかなんて事には、別に誰も興味ないわけさ。
だからもし日記サイトを読むとしたら、しっかりとした面白い文章書ける人のとこ。
日常の話題であっても、文章そのもの、読み物としての質が高いのね。
もしくは一般的な状況にはない話。例えば留学してるとか、業界の話とか、一部の話題に特化した日記。
誰かにとって有効な情報源となり得る話題。


でもブログは書いてる内容がコンテンツそのものなわけだから、日常の日記だけだろうとも許される。
なぜなら、ブログをやってる多くの人がそうだから。
人気の高い低いによるアクセス数の差は当然あるだろうけども、記事数さえ揃っていればそれは少なくともコンテンツとして認めてもらえるでしょ。
だからブログなら一応、初見でも読んでもらえる確立は高い
(そこからアクセスが増えるかどうかはまた別の話)

例えばサイトにブログと全く同じ日記の記事だけを置くとして、それ以外のコンテンツを全部工事中にしてみたらどうなるか、たぶん誰も読まないよねwww一瞥して閉じるでしょ。
(まぁブログがある今、わざわざこんなサイトする人もそういないでしょうが)
もはやそれはサイトとして成り立ってないんですよ。
コンテンツが充実しているからこそ、日記も読んでもらえる。
そのリスクがブログにはない。


次に続く。というかいつになったら終わるんだこの話。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

コンテンツや日記の質によって
リピーターやアクセス数などが
変わってきますよね!

応援凸凸凸!

jun1 | URL | 2008年09月29日(Mon)12:14 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。